なぜ私は小学校・中学校時代がおもしろかったのだろうか。

 私は、小学校1年生のときは、ともかく恥しがり屋で、手をあげて発言することができなかった。運動が苦手で、飛び箱で失敗して保健室に連れていかれたことをよく覚えているので、何か得意であるというのでもなかった。
 しかし、なぜだかわからないが、小学校2年生くらいから劇的に変わっていった。
 理由は長くわからなかったが、母が亡くなる1、2年前、私の小学校時代から、先生とのやりとりは気をつかったというような話をしていた。今でいうコミュニケーションなのだろうか。
 確かにふり返ると、先生は、私のことをよく見ていたと感じるし、「目を懸けてくれた」のかもしれない(どの先生も、えこひいきはなかったと思うけれども)。


投稿者名 管理者 投稿日時 2008年07月04日 | Permalink

学校の教育

 私は、岐阜大学教育学部付属小学校・中学校で育った。入学者は、くじ引きで決まったから、成績で選ばれてのものではない。教育のための実験校であり、どの先生も熱心であり、学校が楽しく、自分にとって本当に幸運だったと考えている。

 理科では、教科書に従って進むというやり方ではなく、「100ccの水と100ccのアルコールを混ぜると体積はどうなるか」というような問題が示され、生徒同士、自分の考えを説明しながら、議論して進むというやり方で、ほぼ1年間通したこともあった。
 近時、ゆとり教育の一環として試みられた総合学習に近いのかもしれないが、岐阜大学教育学部付属小学校・中学校の教育は超ユニークで、ともかくおもしろかった。それぞれの生徒が自分のもっている知識、経験を総動員して、相手が納得できる説明を行なうのである。
 幼年期は、無理強いしてでも、記憶を重視し、反復継続させることが大事であるという考え方もあるようであり、私もそれを否定するものではないが、私の受けたような教育がなぜできないのか不思議でならない。


投稿者名 管理者 投稿日時 2008年07月01日 | Permalink

ご先祖様の残してくれた財産は、どのように大事にするべきか。

ご先祖様は何を価値ある財産と見たのかをよく確かめるべきだろう。

単に金銭価値があるものではなく、ご先祖様の苦労が偲ばれ、勇気づけてくれるものこそ、家宝と言っていい。それは単なる紙切れであることもあるが、歴史的価値は計りしれない。
たとえば、徳川家康は、武田信玄との三方ヶ原の合戦の中で、命からがら逃げ帰った際の疲労困憊した姿を描いた絵を子孫代代見せたという。
本来ならば、あまり見せたくない姿のように思われるが、全く別の考え方をとっていて興味深い。

何を財産として残してくれたかという問題は、自分自身がご先祖様になるとき、どうするかを考える機会になるだろう。

日常生活は忙しく、そこまで考えられないという思いの方も多いかもしれないが、今一歩踏み込んでみることで少しずつ変わってくると思う。


投稿者名 管理者 投稿日時 2008年06月30日 | Permalink

親子の豚さんの木彫り

以前、上海の国立美術工芸館で購入したことがある。

ガラスケースに、1つだけ置かれていた。売値は、付いていなかった。
ガイドさんを通じて、女性店員に、買えるものかと聞くと、女性店員は、わからず、責任者らしき男性が出てきた。
その男性は、開口一番、「これは、高いよ!」と言う。
いくらだとガイドさんを通じて尋ねると、「8万円」とのこと。瞬間、安い!と思うものの、「いくらに値引きしてもらえますか。」と尋ねる。こちらは、仲間を待たせているため、あまり時間がない。
その男性は、「ここは、国立の機関で、そんなに値引きはできない。でも、ラッキー7で、7万円!」とのこと。
即座に、購入を決定した。この交渉が良かったかどうかはわからない。

沈香木でできていると聞いた。たしかに独特な香りがある。

親豚は、自分の腰のあたりに子豚を乗せて、持ち上げている。親豚の顔よりも高い位置に、子豚の顔はある。
子豚は、自分の腰を持ち上げることに、まだ気がついていないが、いずれ気がつく。

親子は、共に、にこやか。

この姿こそ、代々続いてほしい気がした。


投稿者名 管理者 投稿日時 2008年06月27日 | Permalink

偉大な人は、突然生まれるものではない。

偉大な人というと、大げさな感じがするかもしれない。それぞれの立場でとらえていただければよい。

偉大な人が生まれるにあたっては、そのファミリーに多くの蓄積があったからである。

いろいろな蓄積(土壌)の上に、偉大な人(花)が登場することを理解するべきである。
いろいろな蓄積とは、経済的なものだけでなく、人脈、価値観、育ちなど、ファミリーの全てが含まれる。

しかし、ファミリーの内輪まで見ることは、通常、難しいし、紹介されることも少ない。したがって、偉大な人が生まれた背景について、その全体を理解することは、至難のわざだと思う。

注意深く検証し、洞察力を働かせるしかない。


投稿者名 管理者 投稿日時 2008年06月23日 | Permalink

先祖の苦労を物語るものこそ家宝である。

徳川家康は、武田信玄との三方ヶ原の合戦の中で、命からがら逃げ帰った際の疲労困憊した姿を描いた絵を子孫代代見せたという。
本来ならば、あまり見せたくない姿のように思われるが、全く別の考え方をとっていて興味深い。

我家には、先祖が店先で座っていた、木の折りたたみ椅子がある。
その簡素なつくり、使い込まれた跡は、自分のできる範囲のことをきちんと実行した姿が読み取れる。機を見るに敏であったかどうか、事業を拡大させたかどうかの前に、きちんと守った姿を想像するべきである。

また、我家には、誰が描いたか不詳であるが、竜の絵や家紋を墨で描いた物がある。
器用な手先、熱意を感じることができる。


投稿者名 管理者 投稿日時 2008年06月12日 | Permalink

現在を全体的に理解し、将来を考える役割の人

この役割の人が、必須である。
その人は、一族のメンバーのための、ロジスティックス(後方支援)を担うであろう。
お金がないために、是が非でもしなければいけない事柄が、できなくなってはならない。
一族のメンバーには、才能をどこまでも伸ばしてほしい。そのためには、必要なお金を惜しんではならない。
もちろん必要性の検討は、厳格に行う必要がある。
将来的には、一族のメンバーだけでなく、有能な人材にも拡大する必要があるとは、考える。
しかしながら、現時点では、一族のメンバーのためと考えても良いだろう。

以上のようなことを考えると、一族(ファミリー)が、将来、基本的生活ができること、能力発揮のために思い切った支出ができること、のために、ファミリー企業を創ったらどうだろう。
ファミリー企業の管理は、この目的のために行われる必要がある。
その管理は、一族の中で最も能力、品性の優れた者が行う必要がある。
ただし、その管理は、名誉であって、報酬が伴うものではないとしたい。


投稿者名 管理者 投稿日時 2008年06月03日 | Permalink

子は、親に認めてもらいたいという心情が、根底にある。

子が、不安を感じた時、その原因をとことん追究していくと、親に認めてもらえるだろうかという心情に達する。
したがって、子が、「どうしたら良いか分からない。」という悩みを発するとき、「こうしたらよい。」という答えが適切とは限らない。それよりも、親は、子を認めているということが伝われば良いのである。


投稿者名 管理者 投稿日時 2008年05月27日 | Permalink

自分(親)の力量は、どこにあるか。

 この問題は、人それぞれにより異なっており、大事なことは、それを十分に考え、書き出して、活用するということである。
 
その上で、税務が対象とするところと比べ、その差を明確にすることである。
 
また、ファミリーの心情から、何が求められているかについても考えてみると良いと思う。


投稿者名 管理者 投稿日時 2008年05月20日 | Permalink

自分(親)は、誰のために働くか。

 自分とファミリーのため(または、順序を逆にして、ファミリーと自分のため)という人が多いだろう。

1.それでは、自分のために働くというのはどういうことか。衣食住のためにお金を稼ぐ必要があるという人が多いかもしれない。
 しかし、この点については、D.S.ランデス著「強国論」(三笠書房)494頁の指摘以上のものはないと感じている。
 「あまりにも多くの人が、生きるために働き、幸せのために生きている。(中略)働くために生き、その副産物としての幸せを得るべきだ。」

2.次に、ファミリーのために働くというのはどういうことか。単に、ファミリーにお金や物を与えることだろうか。逆に、生き方を教えるというような抽象的なものだろうか。
 このあたりの議論は、哲学的なところもあり、ここでは深入りするつもりない。
 しかし、ファミリーのために働きたいという心情は理解できるところであり、実利的な面に限って考えてみたい。

 自分(親)が働き、所得を得て、税金等を支払い、その残りの中から生活費を負担する。これが一般の(特に給与所得者の)感覚であろう。
 実際に、裁判所も、夫が妻に生活費(婚姻費用)を渡さない場合、子の人数・年齢、夫と妻のそれぞれの収入を基準として、相当な生活費を決めている。
 しかし、資産性所得も考えると、資産が働き、所得を得て、税金等を支払い、残りが出るのである。そこでの自分(親)の役割は、資産が働けるようにマネジメントすることになる。このマネジメントをボランティア精神で行うならば、自分(親)の所得は発生しない。

 このように、働き方を柔軟に考えるならば、実は、法律的にいろいろな形態を設計できる。その工夫をする必要があると考えている。


投稿者名 管理者 投稿日時 2008年05月15日 | Permalink