統合的な把握

現在のコロナウィルス対応は、課題の全体把握ができないまま行われているように思える。
マスコミの報道は、毎日の感染者数、死亡者数、重症者数等の発表にとどまり、緊急事態宣言にこだわりすぎている。
コロナウィルスのまだわかっていないところが多いため、社会的な接触を減らすことばかりに目が行きがちである。
しかし、わからないところが多くても、感染者が増えてきて、入院の必要が出てくれば、病床の確保が必要である事は、早い段階でわかっていたことである。そのための10兆円の予備費など財政的な対応はとられていたのであるから、ニューヨーク市長のように野戦病院のようであっても病床を確保することができたであろうと思う。
日本の対応の姿は、安心して暮らせる家を作ることに例えるならば、次のようだ。
社会的な接触を減らす事は、重要なので、あたかも窓枠を作って外を見ることが大事なんですと言っているように思える。
しかし窓枠だけを作っても意味がない事は明白だ。多少屋根の傾きが充分でなかったり、壁の1部が欠けていたとしても、まず中で生活できる家全体を作ることが大事なはずだ。
これだけは分かっているからといって、1つの課題(シングル・、イッシュ)だけ外に向けて示す事は、全体の対応をゆがめてしまう。
課題の統合的な把握と言う観点からは、コロナをどのように捉えるかと言う専門家の見識も問われる。
コロナはわからないことが多いことから、わからないところは全く記述せず、自分がわかっているところだけを捉えて、42万人が死亡するとか言う事は、あまりにも単純すぎると思う。
東アジア全体の感染者数が少ない理由(ファクターX)や、従来のインフルエンザがコロナ禍の中で感染者が減っている理由、などの説明も含めた全体的な説明が求められる。こうした説明は、1部の学者が行っているだけだ。学術的にまだわからない事は一切触れないと言う態度ではなく、わからないところについてもどのような可能性があるのかを含めて、専門家は現在の状況を把握するべきだ。わからないところを断定してしまって説明する事は問題もあると思うが、統合的な把握を心がけるのであれば、1つの仮説として組み立てていく必要はあるだろう。


投稿者名 前川弘美 投稿日時 2021年03月08日 | Permalink

いつまでも働かないと言う発想

いつまでも働かないと言う発想、あるいはガツガツ働かないと言う考え方は、年金と共通する。
東京は、ビジネスの舞台から楽しむ街へ移行する発想も、こうした考え方に根ざすものである。


投稿者名 前川弘美 投稿日時 2021年02月24日 | Permalink

展開力があるかどうかが大事だ。

展開力は、これまでやってきたことの縦、横への拡張として現れるだろう。
この展開力は、学校で成績が良かった人は、意外に苦手だと思われる。
展開力を発揮するためには、これまでやってきたことに何かが付け加わる必要があるだろう。
しかし、何かを付け加えることばかりを考えていると、足元が崩れる。
これまでにやってきた事は、きちんと整理され、いつでも利用できるようにしておくべきだ。


投稿者名 前川弘美 投稿日時 2021年02月09日 | Permalink

文書の整理

法律相談を受ける依頼者の文書の整理を見ていると、気がつくことがある。
裁判所から送られてくる文書は、パンチで穴を開けて閉じることが憚られると考えるのか、透明なビニールの袋に入れて保管しているケースがよくある。
しかしこうした保管の仕方では、その文章を見ようとするとビニールの袋から出してページをめくるしかなく、それでは読むスピードが相当に落ちてしまう。また文書にメモをしようとする時も、いちいちビニールの袋から出さなければならず、この点でも効率が落ちる。
紙の文書は、パンチ穴を開けてフォルダーで保管することが効率的であると思う。
次に、フォルダーに綴じるにしてもどのような順序で綴じるのかが問題となる。
複数の人がそのフォルダを使うのであれば、文書を綴じる体系が共有される必要がある。どのような体系で綴じるのかは、その組織の効率に影響してくる。


投稿者名 前川弘美 投稿日時 2021年02月03日 | Permalink

一瞬でとらえる練習

絵を見るとき、直径3ミリの筒で見ることはない。絵は全体を一瞬で見ることができる。  
これと同様に他のものも一瞬でとらえるという練習はした方が良い。


投稿者名 前川弘美 投稿日時 2021年01月29日 | Permalink

ペーパーレスは、何を意味するか?

ペーパー上にある情報は、物として手作業で位置づけができる。
この意味は、手で考えることができると言うことである。これは紙に慣れた世代の古い習慣かもしれないが、手を動かすことによって、考えをまとめることができる面はあると思う。
ペーパーレスは、こうした「手で考える」という手法とは別の能力が求められるだろう。


投稿者名 前川弘美 投稿日時 2021年01月25日 | Permalink

現物を中心に考える。

ものだけで組み立ててみる。
利用しているソフトは、含めてもいい。
人間が生きるときは、食べるものも、着るものも、住まいも、ものである。
お金は、貯めたり、交換するときに必要であるが、お金そのもので生きることはできない。
一度、お金で評価することをやめて、ものだけで生きるための環境を考えてみると良い。

マルクスは、「商品」には2つの顔があると指摘している。1つは「使用価値」であり、もう一つが「価値」だという。(100分de名著 資本論28ページ)
しかし、言葉の付け方としては、「使用価値」が「価値」の中に含まれるような表現であり、変だろう。
「使用価値」が、効用であるのに対し、「価値」は、評価だと言える。
物事を見る場合、まず効用に着眼して組み立ててみるべきだと考える。


投稿者名 前川弘美 投稿日時 2021年01月19日 | Permalink

資産効果のない株高

株が高くなったからといって、財布の紐を緩めるのか?
不況下の株高は、マネーの価値が下がっていることを意味する。
マネーの価値が下がっていることを感じるならば、少しでも価値があるものを選択するだろう。株式でも、流れに乗ったものと乗っていないものが出てきており、企業評価の2極化が進んでいるのは、このためだ。
そこには選択があり、やみくもに財布の紐を緩めることはないだろう。


投稿者名 前川弘美 投稿日時 2021年01月13日 | Permalink

数値で決めると言うのはどういうことか?

数値で決めると言う事は、結果で決めると言うことだ。結果が出るまでの努力が相当あっても、結果が出なければ、努力が反映されることはない。
このことは競争社会では、当然のことであると受け止められるだろうが、現実の社会では、極めて酷なこととして受け止められるだろう。


投稿者名 前川弘美 投稿日時 2020年12月04日 | Permalink